ホカホカ料理で心もホッコリ【毎日の食事で糖尿病を改善しよう】

helper

腎臓に優しい食事

doctors

タンパク質を減らす

腎臓の機能が衰えて腎臓病になると、腎臓に負担をかけないような食事療法をする事が大切になります。食事療法によって腎臓に優しい食事を続ける事によって、腎臓病になった場合でも人工透析までの期間を、遅らせる事ができるため有意義です。腎臓病で腎臓の機能が低下する事によって、健康な時には問題のなかった成分を排出する事ができなくなり、体の健康を害します。そのため腎臓病になった場合は食事療法を行い、腎臓に負担をかけない食事を続ける事が肝心です。腎臓病の食事療法では、タンパク質を摂り過ぎないように注意する事が重要です。タンパク質を多く摂り過ぎると、タンパク質を分解する事によってできる老廃物が多くなり、腎臓でろ過をする必要があるため、腎臓の負担が大きくなります。

塩分の摂取を控える

タンパク質は肉や魚に多く含まれていますが、他の食材にも多く含まれている事があるため、食材の成分を調べて利用する事が好ましいです。タンパク質は多く摂り過ぎると腎臓に悪影響が出ますが、体を作るために重要な役割を果たす栄養なので、食事療法では決められた量を守り摂取する事が大切です。腎臓病になると体内から塩分を排出する能力が落ちるため、食事療法では塩分の摂取を控える事が望ましいです。過剰に塩分を摂取すると、血圧が上がり腎臓にかかる負担が増えるため、注意が必要になります。腎臓病で血圧が高い人は、塩分を摂り過ぎているケースが多いため、食事療法では塩分を控えめにする事が大事です。塩分は一日に6グラム以内に抑える事が効果的です。